脚の乾燥は女子の敵!カサカサ対策教えます。

投稿者:

秋冬のシーズンに足が乾燥する!とお悩みではありませんか?カサカサで粉がふいたような脚を見るとテンションダウン…。脚のすねやかかとは乾燥しやすい場所なので、念入りなケアが必要ですよ。この記事の内容を参考に、滑らかツルツル脚を目指しましょう。

脚の乾燥状態を知ろう

角層に亀裂が入る「粉ふき肌」

脚のすねが白く粉がふいたような状態になっていませんか?それが「粉ふき肌」です。これを放置するとひびが入ったりしてさらに醜い脚に…。どうしてこんな状態になってしまうのかというと、皮脂の分泌が影響しています。

脚の皮脂分泌は少ない

意外な盲点になりがちなのですが、脚というのはもともと皮脂分泌が少ない場所なんです。皮脂が少ないということは、皮膚をガードする膜も薄いということ。寒い季節になるとさらに皮脂分泌は減ってしまうため、ますます乾燥状態になってしまいます。とくにすねの部分は皮脂が少なく、肌を守るうるおいベールが薄いです。何もしないとどんどん乾燥してしまいます。

 

脚が乾燥する原因は、皮脂分泌だけではありません。いくつかの要因が複合的に絡み合っていることも多いです。あなたも次の項目に複数当てはまっていないでしょうか?チェックしてみましょう。

なぜ脚が乾燥するのか

運動不足からくる血行不良

忙しいとどうしても運動不足になりがちですが、運動しないと血行不良になりやすいです。血の巡りが悪くなると、必要な栄養素が届きにくくなるため肌の状態にもマイナスに。

入浴時の洗いすぎ

バスタイムで脚をゴシゴシしすぎると、肌に余計なダメージを与えます。角質は肌をガードする機能もあるのですが、必要な角質まで落としてしまうことに。優しく洗い上げることがおすすめです。

熱すぎるお風呂

寒い季節だからと熱々のお風呂に浸かっていませんか?熱いお湯は皮脂の膜をごっそり奪い取ってしまいます。40度以下のぬるま湯につかることがおすすめです。脚だけでなく手などが乾燥する原因でもあります。

季節による肌乾燥

秋冬は空気が乾燥するのでどうしても肌が乾燥しがちになります。春夏とは違い、保湿ケアをしっかり行わないといけませんね。

加齢からくる肌乾燥

年齢を重ねると肌の水分・脂分ともに減少していきます。体の外側からうるおいを与える必要があります。

乾燥を放置するとどうなるか

ひびが入る

脚の乾燥がさらに進行すると、ひびが入ります。見た目はまるで魚のうろこのような醜い状態…。こんな脚は人に見せたくありませんよね?

炎症・かゆみが出る

ひび割れから細菌が侵入すると、炎症やかゆみまで発生することがあります。ここまで来てしまうと、極限の乾燥状態です。皮膚の健康状態がかなり悪くなっているため、場合によっては皮膚科に通わないといけなくなるかもしれません。

乾燥した脚のケア方法

入浴後の保湿方法

脚の乾燥対策として最も有効なのは、保湿クリームを塗ることです。空気が乾燥する寒い季節には、毎日欠かさずに塗りたいところ!また、バスタイムでも一工夫するなら、肌を保湿してくれる入浴剤を使用すると良いでしょう。

おすすめ保湿クリーム

保湿クリームはさまざまなものが出ていますが、「セラミド」を配合しているタイプをおすすめします。セラミドは肌の細胞と細胞をつなぎとめることで、肌の水分が蒸発することを抑えてくれます。保湿成分を肌にとどめてくれる効果も!

 

ほかにも「ホホバオイル」「オリーブオイル」「馬油」などが代表的な保湿成分です。これらの成分が入っている保湿クリームも良いでしょう。

おすすめ入浴剤

保湿成分の入った入浴剤を使いましょう。なかでも敏感肌の方用の入浴剤は、肌への負担に考慮していますからおすすめです。

脚のカサカサ対策方法

暖房は少なめで加湿を忘れずに

暖房は室内を温めてくれますが、空気を乾燥させてしまう原因にもなります。暖房を使う頻度を控え目にして、かわりに加湿を入念に行ってください。部屋の大きさにあった加湿器を利用し、湿度を50~60%ぐらいに保ちましょう。

適度な運動で血行促進

寒い季節でも部屋にこもりっきりになるのはNG!太る原因にもなるので、週に1度くらいは定期的に運動しましょう。特別な運動をしなくても、ウォーキングなど手軽にできる運動でもOKです。血行促進して乾燥対策&ダイエットの両立を。

石鹸を使わない入浴方法

石鹸やボディソープはものによっては肌のうるおいもごっそり取ってしまいます。乾燥の原因になることもあるので、毎回のバスタイムごとに石鹸・ボディソープで脚を洗うのは止めてみましょう。お湯で洗い流すだけでも、汚れはけっこう落ちるものですよ。

脚の乾燥カサカサ肌は早めのケアで解消しよう

脚の乾燥状態に気づいたら、早めにケアを始めましょう。放置しても症状がひどくなるだけで良いことは何もありません。保湿クリームを塗ったり、保湿成分の入った入浴剤を使ったりしてケアしてくださいね。部屋を加湿することや運動不足解消も、乾燥対策で重要ですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です