爪の周りをケアして美爪になろう!ケア・処理の方法をご紹介

投稿者:

いつの間にか爪の周りがボロボロ、爪の周りをキレイにするにはどうすればいいの?と悩んでいるアナタ!きちんとケアや処理すれば、美爪にだって生まれ変ることもできますよ。そこで簡単なケアや処理方法を大公開!しっかりケアして美爪を目指そう‼

ボロボロになった爪の周りをキレイにしたい!

爪の周りが乾燥してカサカサ、ささくれができているなど、爪の周りがボロボロになってしまうことってありますよね。でも爪ってネイルなどおしゃれを楽しむためにも、とても重要な部位!そこが汚いとテンションがた落ちなんて女子も多いのでは?

そんな悩める女子たちのために、今回ネイルウォールのケア方法をはじめ、爪の周りをキレイに処理&ケア方法をご紹介!

これを機にボロボロになった爪の周りをキレイにしちゃいましょう。

固いネイルウォールをケア!

ネイルウォールって?

ネイルウォールと言われても、ピンと来る人は少ないのでは?

では一体ネイルウォールとは何なのかというと、爪の側面にある皮膚のことを言うんですよ。

 

なぜネイルウォールのケアが必要?

爪をネイルなどでおしゃれにしている人も多いですよね。

でもネイルを楽しんでいると、いつの間にかネイルウォールが白く硬くなっていることがあります。爪の周りだから特に気にしなくてもいいか、そう思っているアナタ!

それは甘いですよ。

よく考えてみてください。手や足などを見る時、指先全体を見ませんか?

特に人間ってキレイな部分よりもちょっと汚れているなど、どうしても欠点に目が行ってしまうもの。

だからどんなにキレイにネイルをしていても、爪の周りの皮膚が白く硬くなっていたらキレイなネイルの魅力も半減してしまいます。

指先全体をキレイに見せるためには、ネイルウォールのケアはとても大切になってくるんです。

ケアの仕方は?

ではどうやってケアを行っていけば良いのかというと、まずネイルウォールが白くなったり硬くなったりするのは乾燥が原因です。そのためしっかり保湿を行うことで、改善されます。

ネイルウォールのケアには、ハンドクリームなどでも良いのですが「ネイルオイル」がオススメ。ネイルオイルとは爪のためのオイルで、爪に油分を与え乾燥から守ってくれる爪専用の保湿オイルです。ネイルオイルにはペンタイプのもの、マニキュアのような形状のものの2種類があるので、使いやすい方を選んでくださいね。

 

ではやり方を紹介しましょう。

  1. ネイルウォールにネイルオイルを塗っていきます
  2. 硬くなった皮膚をほぐすように優しくマッサージします

これだけでOK。

またネイルオイルを塗る時に、ネイルマトリックス(爪のすぐ下の皮膚の部分)も一緒にオイルを塗って軽くマッサージをすると効果的ですよ。

1日5分もあれば十分できるので、ぜひケアを行ってみてください。

 

甘皮を処理!

甘皮って?

甘皮ってどこの部分か知っていますか?

甘皮は爪の付け根の皮膚の部分のことを言うんですよ。

なぜ甘皮の処理が必要?

甘皮は爪の付け根と紹介しましたが、この部分は爪にとってとても大切な部分!

なぜなら新しい爪を保護し、異物や細菌から爪を守ってくれる役割を持っているからです。そんな大切な役割を持った甘皮ですが、きちんとケアしないと硬くなり角質化してしまうこともあります。

甘皮が角質化したものを放っておくと、爪に十分な栄養が行かなくなってしまい、爪が成長しない、ささくれや乾燥が起こるなど爪のトラブルに発展することも少なくありません。

だから甘皮の処理はとても大切なんです。

処理の仕方

甘皮処理を行うときの道具ですが、ネイルケアグッズや甘皮専用のグッズなども販売されていてそれで処理しても良いのですが、ここでは自宅にあるもので簡単にできる処理の仕方を紹介していきます。

 

準備するもの

  • 綿棒
  • ハンドクリーム又はネイルオイル

 

やり方

  1. お風呂に入り甘皮部分を柔らかくします
  2. 柔らかくなったら綿棒で軽く甘皮部分を押し上げます
  3. 甘皮を押し上げると爪の表面に薄い膜のようなものがあるので、それを綿棒で優しく剥がし取っていけば処理はOKです
  4. 最後に爪の根元部分を中心に、ハンドクリーム又はネイルオイルを付けて保湿してください

 

※除去後はハンドクリームやネイルオイルなどでしっかり保湿することが大切なので、保湿を忘れずに行いましょう。

 

甘皮の処理はやりすぎてもよくないので、10日~2週間に1回程度を目安に行うようにしてくださいね。

ささくれを処理

処理の仕方は?

いつの間にかできてしまったささくれ、見た目も良くないし痛いしイヤですよね。ささくれはきちんと処理しないと肌トラブルの原因になることもあるため、しっかり処理したいものです。ではどうやって処理するか紹介していきましょう。

  1. 感染予防のためネイルニッパーやハサミなどの道具、ささくれ部分を消毒液で消毒します。
  2. 根元からささくれ部分をカットしていきます。
  3. カット後はささくれ部分をネイルオイルなどでしっかり保湿しましょう。万が一傷がある場合は、軟膏などを塗って絆創膏をはります。

※ささくれは乾燥が原因でできることが多いため、予防のためにも処理後はしっかり保湿やケアを行ってください。

むしるのは絶対ダメ

ささくれができると、ついむしってしまう人も多いのでは?

でもささくれをむしってしまうとむしった部分から菌が入り込んでしまい、化膿したり感染症に感染してしまうといったトラブルに見舞われることもあります。

またむしることで傷ができた場合、体はその部分を早く治そうと急いで修復するけれど、急いで作られた角質は簡単に剥がれてしまうことも多いんです。そうなるとまたささくれができてしまうこともあるため、むしるのは絶対やめてくださいね。

お手入れの際の注意点

爪周囲炎って?

爪周囲炎(つめしゅういえん)という爪の病気を知っていますか?

「爪周囲炎?あまり聞いたことないな」

そんな人も多いでしょう。

爪周囲炎とは爪の周りの傷口から菌が入り込み感染する感染症のことです。主な原因菌は、黄色ブドウ球菌・大腸菌・カンジタ(カビの一種など)があります。

症状は

  • 爪の周りが赤い・腫れる
  • ズキズキと痛い
  • ひどくなると膿出たり赤紫色に腫れる

などがあるんですよ。

 

原因は?

爪周囲炎の原因には甘皮処理などを行ったときに肌を傷つけてしまう、ささくれを無理やりむしるなど、傷ができるとそこから菌が入り込んで感染してしまいます。

そのため万が一傷を作ってしまったときは、消毒をして絆創膏などで菌が入り込まないよう皮膚を清潔に保つことが大切です。

治療法は?

爪周囲炎になってしまった場合どうやって治療を行えば良いのかというと、爪の周りのみ症状が出ている程度なら、傷口を清潔に保ち保湿や傷口を治療すればOKです。

ただし症状が指先全体に及んでいたり、腫れや赤み、痛みが強く出ているときは皮膚科を受診し適切な治療を受けてください。

病院での主な治療は抗生物質入りの軟膏や内服薬の服用、痛み止めの処方、溜まった膿を排出する排膿などがあります。

日頃の乾燥対策と保湿が重要!

爪の周りのケアって実はとっても重要ということがわかりましたよね。

特に爪の周りのトラブルは、乾燥が原因のことがほとんどです。そのため乾燥対策と保湿をしっかり行い、今日からアナタも誰もがうらやむ美爪を目指しましょう‼

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です