太もも裏はニキビができやすい?原因や対処法は?

投稿者:

あなたの太もも裏にはブツブツしたニキビがありませんか?実はあるけれど、見てみないふりをしてきた。と見逃していませんか?実は、放っておくと取り返しのつかないことに!今から早めのケアを行いましょう!

太ももの裏ニキビができやすい!

太ももの裏は、実はニキビができやすい場所というのを知っていましたか?ニキビができる原因はいくつかあります。当てはまるものがある方はしっかりと対策がすることで、防げるでしょう!

太ももの裏にニキビができる原因

太ももの裏にニキビができる原因とはどのようなものがあるのでしょうか?原因をしっかり特定できれば、予防ができるはずです!詳しくみていきましょう。

ムレやすさ

太ももの裏は、皮脂の分泌量が多い部分であり、他の部分にくらべてムレやすいという特性があります。表に出ている部分であればすぐに拭き取ることができますが、なかなか難しい部分でもあるでしょう。特に夏は、頻繁に拭き取ることを意識しなければどんどんムレてしまい、ニキビの原因になりやすくなります。

皮膚の硬化

実は皮膚が硬化しやすい、太ももの裏。皮膚が硬化してしまうと、うまく老廃物を出すことができず、ニキビになりやすくなります。毎日湯船に浸かって、お肌を柔らかくするという工夫も必要になてくるでしょう。

衣服の擦れ

太ももの裏は、座ったり立ったりして衣服が擦れやすい部分。そのため、一度ニキビができてしまうと、そのニキビが何度も擦れてしまうことになり悪化しやすくなります。結果的に、治りにくくなってしまうのです。

洗い残し

毎日シャワーで体を洗っていても、太ももの裏は洗い残ししやすい部分でもあります。自分から見えない位置のため、意識して洗わなければ洗い忘れてしまったり、すすぎ残してしまうことも。洗い残しは毛穴を詰まらせることになり、結果的にニキビを作ってしまう原因になるのです。

ニキビはアクネ菌だけじゃない!

マラセチア菌によるニキビ?

 

ニキビは全てアクネ菌だと思っていませんか?実は、アクネ菌の他に「マラセチア菌」というものがあるのです。こちらは、皮脂や湿気が多いところに繁殖しやすい菌で、ニキビと似たようなブツブツを作り出すのです。太ももの裏など、湿気が多いところの吹き出物は、マラセチア菌の可能性が高いでしょう。

ケアの仕方は?

では、太ももの裏にニキビを作らないようにするにはどのようなケアをするといいのでしょうか?しっかりと行って、綺麗な太ももを目指しましょう!

清潔にする

太ももの裏は、皮脂や汗の分泌量が多いところになりますので、毎日綺麗に洗って清潔を保つことが重要です。体を洗う時は、太ももの裏までしっかりと綺麗に洗うことを意識するようにしましょう。

洗い過ぎない

綺麗にしようとして、ゴシゴシ擦って洗うのは逆効果です。確かに、よく擦った方が綺麗になるだろうと思ってしまいますが、実は皮膚を傷つけてしまっているのです。お肌の表面は0.03mmと言われているほど、実はとてもデリケート。洗う時は優しく撫でるように洗うことを心がけましょう。

ホルモンバランスを保つ

お肌を健康な状態に保つには、ホルモンバランスを整えることが重要です。ホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレスや睡眠不足、さらには食生活も関係してきます。規則正しい生活を行うことが、太ももを綺麗にすることに繋がっていくでしょう。

保湿する

お肌が乾燥すると、水分を逃がさないように皮膚が硬くなってしまいます。そうなると、ターンオーバーがスムーズにいかなくなってしまって、ニキビの原因にもなってしまいます。お風呂から上がったらすぐに、化粧水やクリームで保湿し、潤いを保つようにしましょう。

ピーリング

お肌にいつまでも余分な皮膚があると、ニキビの原因になってしまいます。定期的にピーリングを行うことで、浮き上がった古い角質を取り除いて綺麗なお肌を保つようにしましょう。

ニキビ以外の病気もある?

毛のう炎

太ももの裏にできるブツブツは、ニキビ以外もあります。「毛のう炎」といって、毛穴に傷がつくと、そこからブドウ球菌が入ってしまいニキビのような吹き出物ができてしまうのです。病院へ行くと、塗り薬を処方してくれるため、それを塗れば治すことができます。カミソリなどで毛を処理した後にできやすいため、傷をつけないようにクリームなどで予防することが重要となるでしょう。

アテローム

あれ?白ニキビ?と思ったらどんどん大きくなってきた!というものがあったら、それは「アテローム」かもしれません。アテロームは、皮脂や角質などの老廃物が毛穴の中に入ってしまい、どんどん大きくなっていく病気です。自分では直すことができず、手術をして取り除いてもらうことになります。発見したら、早めに病院で見てもらいましょう。

気になる場合は病院へ

どんな症状であれ、なかなか治らない場合は早めに病院で見てもらうようにしましょう。太ももの裏は一度できてしまうとなかなか治しにくい部分でもあります。早めに対処して、綺麗な太ももを取り戻しましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です