皮膚の下で毛が育ってる?!埋没毛の原因とその対策についてご説明します

投稿者:

綺麗な脚の条件とは、ムダ毛が埋没したり毛穴がザラザラしていないつるりとした手触りであること。しかし、ムダ毛処理のミスが原因で汚い脚になるどころか、埋没毛という言葉すら知らない人もいます。はたして、埋没毛の正体とは何なのでしょうか。

脚の皮膚に毛が埋没しちゃってる!

自分の脚を見た時、埋没毛や赤くなった毛穴に気づいたことはありませんか?適当なムダ毛処理を行うことで、肌は簡単に埋没毛だらけの汚い状態へと変化します。間違った処理を続けて汚い脚となる前に、埋没毛の原因と対策について学んでおきましょう。

埋没毛ってなに?

どうして起こるの?原因は?

埋没毛とは、毛を抜いたり剃ったりした後に皮膚が炎症を起こして毛穴が塞がれ、皮膚の中で毛が育ってしまった状態のこと。間違ったムダ毛の自己処理は皮膚を傷つけ、その傷にかさぶたがはると毛穴が消えてしまいます。しかし出口が無くなっても同じ場所から毛が生えてくるため、毛穴という外への逃げ場所を失った毛は成長が止まらず、皮膚の下に伸びてしまうのです。

埋没毛になったらどうするの?

他の部位に生える毛と同じく、埋没毛も定期的に生え変わります。とはいえ毛穴を皮膚で塞がれているので、毛そのものが抜け落ちてもすぐに外に出ることはありません。しばらくの間は皮膚の中に残り、古くなった皮膚が垢として順番に落ちていく時に、ようやく体外に排出されるのです。つまり、埋没毛は放っておいてもいずれは自然消滅すると言ってもよいでしょう。

しかし、埋没毛として体内に残っている間に毛のうがブドウ球菌に感染して炎症を起こす毛のう炎になったり、それが治癒して色素が沈着することもあります。よって、放置する際は多少のリスクも覚悟しておかなければなりません。

埋没毛の治し方は?

ピーリングやスクラブを使う!

ピーリングとスクラブはどちらも古くなった皮膚を取り除き、お肌のターンオーバーを正常化させる働きがあります。これらを使うことで、皮膚の中に埋もれていた埋没毛を解消するスピードが速まりますので、定期的に行ってみるとよいでしょう。ピーリング剤やスクラブ剤は、薬局などで安価に手に入れることができますよ。

自然消滅を待つ

皮膚の中に潜り込んでしまった毛は、古い角質が剥がれ落ちる際一緒に体外へと排出されます。無理に手をつけたくないという人は、自然消滅を待つのも1つの手です。でも前述した通り、埋没毛は皮膚内に残っている間に毛のう炎や色素沈着を引き起こすことがあります。中には数センチほども腫れてしまい、手術を受けるはめになった人もいるようです。

脱毛サロンに行く

埋まっている毛は脱毛できないと考える人がいますが、多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛でなら、しつこい埋没毛もやっつけることができますよ。

光脱毛では、皮膚の中のメラニンに反応して物質を壊すという性質の光を使います。つまり、皮膚の中に入って出てこない埋没毛でも、根っこからきちんと破壊してくれるのです。もちろん1回目の施術を受けてすぐに、すべての埋没毛が全滅するというわけにはいきません。しかし、繰り返し通うことによって自己処理がほとんど必要なくなるくらいまで毛が薄くなるとのこと。価格の面でもレーザー脱毛より光脱毛の方が安価ですので、一度検討してみるのもいいですね。

自分でやっちゃダメなこと

自分で埋没毛を取り出す

薄皮の下にはっきり見える埋没毛はついつい無理に引き抜いてしまいたくなりますが、外から皮膚を破って取り出すのは絶対にダメ。傷が治る過程で今以上に皮膚が分厚くなり、次に生えてくる毛はより深いところに潜り込んでしまいます。また、菌に感染した傷口が炎症を起こして腫れあがり、脚にひどい色素沈着が残ってしまうことも…。取り出すのは簡単そうに思えますが、自己流で無理に埋没毛を引き抜くのはやめておきましょう。

埋没毛をなくすムダ毛処理の方法

正しい毛の抜き方

どうしても自分で脱毛をしたいのなら、まずは切れ毛を防ぐために毛をしっかりとつかめるような毛抜きを使うこと。また、なるべく毛穴へのダメージを防ぐことが重要です。脚の脱毛を始める前はお風呂に入るか、蒸しタオルを当てて毛穴を開いておきましょう。抜く際は湿った肌をきちんと乾かしてから、毛が生えている方向に向かって引き抜きます。抜き終わったら脚を保冷材などで冷やし、開いた毛穴をしっかりと閉じて下さいね。

正しい毛の剃り方

最初にお湯や蒸しタオルで脚の毛穴を開くところまでは、自分で毛を抜く時と一緒です。剃刀は刃こぼれしていないものを選び、脚には事前にベビーオイルや専用のローションを塗って滑りを良くして下さい。剃る時は必ず毛の流れにそって上から下へと刃を滑らせること。剃り残しが気になっても、あまり同じ部分を何度も剃らないことが肌へのダメージを防ぎます。剃った後は毛穴が赤くなることがありますので、きちんと冷やして炎症を抑えること。これで剃刀を使ったムダ毛処理が終了です。

電気シェーバーがイチバン

肌への負担を軽くしつつムダ毛処理を行いたいのなら、電気シェーバーの使用を強くおすすめします。電気シェーバーの刃は剃刀に比べて鈍く、肌を痛めつけることがほとんどありません。もちろん、剃刀負けのように肌が赤く炎症を起こすのも稀。加えて脚の広い範囲を一気に処理することができますので、ムダ毛を剃るのが面倒という方でもあっという間に終わりますよ。

ケアを忘れずに!

使う道具や方法によって差はありますが、ムダ毛処理をした後は毛と一緒に肌の保護膜が失われるもの。つまり、ムダ毛処理後の皮膚は無防備な状態となるため、肌トラブルを起こしやすいのです。それを防ぐためには、処理後のケアは忘れずに行うことが大切!必ず脚にローションや乳液などを塗って肌荒れ防止に努めましょう。もし剃刀などで皮膚がダメージを受けていても、その後しっかりケアをすることによって回復が早まるため、肌トラブルを未然に防ぐことができます。

埋没毛対策用のジェルがある!

「自分のケアだけでは埋没毛を未然に防ぐ自信がない…」という人には、埋没毛対策用のジェルを使うことをおすすめします。埋没毛対策用ジェルとは、厚くなった角質を柔らかくしてターンオーバーを整え、埋没毛を未然に防ぐ・できた埋没毛を早期に消すといった効果を持つジェルのこと。処理後のトラブルを防止したり色素沈着を未然に防ぐ効力もあるので、脚のムダ毛処理後のケアに使ってみてはいかがでしょうか?

脱毛する

脱毛サロンなどで光脱毛を受け、毛根を殺してしまうのが埋没毛を再発させないためには一番の方法です。しかし、家庭用の脱毛器でも脱毛サロンと同じような効果を得ることができます。家庭用脱毛器のいいところは、ひとつ買えば全身どこでもムダ毛処理を行うことができる点。業務用よりも光の出力が低いために効果はゆっくりですが、使用するごとに埋没毛を含めた脚のムダ毛が薄くなっていきます。日頃忙しくて脱毛サロンに通う暇がない人は、家庭用脱毛器に目を向けてみるのもアリですよ。

肌に負担をかけないようにしましょう

「とりあえずムダ毛さえなくなればいいや!」という雑なケアは、汚い脚への近道。肌への負担は埋没毛に直結しています。毛が皮膚の下に潜り込むという厄介な状態を防ぐには、やはり日頃のムダ毛処理に手間をかけ、極力肌に負担をかけないやり方をしなければならないのです。埋没毛は一度できてしまうと、消えるまでに時間がかかる上に肌トラブルを引き起こします。普段から正しい処理を心がけ、埋没毛を未然に防ぐように心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です